ミュゼ S.S.C.脱毛

ミュゼで採用されているS.S.C.脱毛とは?

ミュゼの脱毛方法はS.S.C.(スムーススキンコントロール)方式を採用しています。
S.S.C.脱毛は、光を使うフラッシュ脱毛ですが、通常のフラッシュ脱毛より、お肌へのダメージが少ない安全な方式です。

脱毛方法としては、美容クリニックでのレーザーを使った脱毛が有名で、永久脱毛と言われればレーザー脱毛を思い浮かべる方も多いでしょう。

レーザー脱毛の原理は、毛にある黒いメラニン色素に反応するレーザー光線をムダ毛のある場所に照射して熱を与えることで、毛乳頭、毛母細胞周辺の組織を熱で焼いてしまいます。
毛が生えてくる元を破壊してしまいますので、毛が生えてこないことになります。

医療機関のみでしかレーザーは使えませんので、脱毛サロンでも使えるように可視光線を使用するフラッシュ(光)脱毛が開発されました。
レーザーと同じようにメラニン色素に反応させて脱毛するフラッシュ脱毛はIPL(インテンスパルスライト)方式と呼ばれ、レーザー脱毛と同じ原理です。

直進性の高い同じ波長のレーザー光線に対して、IPLは複数の波長を持つ可視光線を調整したものなので、レーザーと比較して安全性は高いと言えます。
ただし、メラニン色素がターゲットであるため照射部分の皮膚にダメージを与えることは否めません。
照射場所や出力を間違えればやけどなどの恐れもあります。

一方、ミュゼで採用されているS.S.C.脱毛は、専用のジェルを脱毛部位に塗り、そのジェルに反応する光を照射することで脱毛をします。
ジェルの成分を毛根まで浸透させることで、毛の成長力を抑制して脱毛をしていきます

S.S.C.脱毛

つまり、組織を破壊しませんので、お肌にも余計な負担がかかりません。
また、光を照射してもジェルを塗っていない部分には反応しませんので、照射面積を大きくしても問題がなく、広範囲を一度に脱毛することができます。

 

サイトマップ